mpit

2014-06-13リリース 日レセ「ORCA」連携機能

診療予約システムから日レセ「ORCA(オルカ)」への連携機能をリリースしました。

ORCAへ連携される機能

診療予約システムからORCAへの連携機能は以下のとおりです。 診療予約システムからORCAへ連携される機能 受付時のORCA患者情報の読み取り ネット予約時のORCA予約登録/削除 窓口受け付け時のORCA受付登録/削除   受付時のORCA患者情報の読み取り 診療予約システムの受付画面で診察券番号を入力したときに、ORCAの患者情報から「氏名/カナ」を取り込みます。これにより、受付時に氏名を手入力したり、予約システム側で患者情報をメンテナンスする必要がなくなります。 ネット予約時のORCA予約登録/削除 患者様がスマホや携帯、パソコンから予約されたときにORCAへも予約登録します。予約システムのステータスを「キャンセル」に変更するとORCAの予約情報も連動して削除されます。 窓口受け付け時のORCA受付登録/削除 窓口受け付けやネット予約のステータスを「不在」から「順番待ち」に変更すると、ORCAへも受付登録されます。予約システムのステータスを「キャンセル」に変更するとORCAの受付情報も連動して削除されます。

2014-06-05リリース 予約確認機能の設定項目追加他

予約確認結果の待ち人数に自分自身をカウントしないように変更 番号案内及び予約確認結果の待ち人数に「不在」ステータスを含めないようにする設定項目追加(ネット予約に関する設定) 番号案内の呼出済みリストに呼出し中番号より若い数字を表示しない設定項目追加(ネット予約に関する設定) 予約確認結果の入力画面と結果画面のメッセージを変更可能にする(ネット予約に関する設定)  

診療予約時のステータス説明

診療予約システム『エムピット』では待ち状態を5つのステータスで管理しています。それぞれ以下の通りです。 「順番待ち」「診察中」「完了」「不在」「保留」「取り消し」 これらのステータスについて説明します。 順番待ち・・・診察を待っている状態です。待ち時間や待ち人数にカウントされます。 診察中 ・・・診療のために呼び出された状態です。通常はこのステータスの番号が「呼出し番号」として案内されます。 完了  ・・・診察が完了した状態です。通常の絞り込みでは一覧では非表示になります。 不在  ・・・診療予定だがまだ来院していない状態です。待ち時間や待ち人数にはカウントされますが、「呼出し」をクリックしてもステータスが変化することはありません。また、案内モニターの「呼び出し済み」に掲載されるステータスでもあります。 保留  ・・・一覧上には残すが診察が行われるか不明な場合です。「不在」と同様、「呼出し」をクリックしてもステータスが変化することはありませんが、待ち時間や待ち人数にはカウントされません。 取り消し・・・誤って受け付けた場合や予約がキャンセルされた場合です。通常の絞り込みでは一覧では非表示になります。 ネット予約や受付直後のステータスは「順番待ち」です。設定によりネット予約時は「不在」とすることも出来ます。 「呼出し」ボタンをクリックすると、「順番待ち」→「診察中」→「完了」の順でステータスが変化します。それ以外のステータスは受付一覧上で直接ステータスを変更します。